×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                      平成23年度事業計画 

1 活動方針

@ 本会は、生涯学習の実践活動を会員相互のネットワークを通じて、地域・学校等と情報交換や情報を発信し生涯学習社会の構築を普及活動に寄与したい。

A 本会は、各諸団体の生涯学習機会に参画し、自らの体験活動と相互の学習を研鑚し生涯学習実践への資質の向上と、特に冬季期間は函館市3老人大学の休止及び各諸団体の講座減少による自習体制を当会の自主企画事業「ともえシニアカレッジ」を開設し学習機会の提供拡大活動にしたい。

B 生涯学習活動の範囲が拡大し、各分野の人材が求められます。知識、体験等の豊かな知恵を発揮する役割づくり、仲間づくり等を推進します。(会員の募集等)


2 具体的事項

@ 生涯学習社会の構築を普及する実践活動をする。

【内容】
当会の、独自の企画する生涯学習活動事業や各諸団体との共催事業も実施する。

【方法】
・函館市主催の『地域子ども教室推進事業』を継続して支援活動を行う。
・自主企画事業(ともえシニアカレッジ夏季講座は、もの作り学習主体にサークル活動の拡大推進・冬季講座は各分野の専門的知識の習得機会場所提供等の推進を行う。)
・学校支援・交流会等の実践活動を推進する。
・会員相互が時代に即応する情報収集するために積極的に学習実践活動をする。

A 各諸団体の生涯学習機会には、積極的に参画する。

【内容】
・全国各地域圏で生涯学習インストラクターの会を設立しています。(全国66ヶ所)その地域実践活動等を具体的内容の情報交換して知識を共有したい。
・当会員は、各関係団体との生涯学習実施事業に積極的に参加すると共に多団体との情報交換をして実践活動等を提携することが必要です。(まなびっと広場・道民カレッジ単位連携)

【方法】
・生涯学習インストラクターの会の情報交換を図るため、インターネットを充実させる。
・体験活動・文化活動・ボランティア活動等の要請や各種講演会、講座の受講等を意欲的に参画、協力をする。
・当会の実践活動「月例会・ともえシニア・カレッジ・学校支援・交流会・出前講座」等を各種広報誌を活用しPRする。

B 自己啓発と情報提供を定例的な研修を実施する。

【内容】
・会員相互で自己研鑚をして資質の向上を図ること。
・会員が関わっている団体の実施事業から情報の提供や交換等を行う。
・行政に関わる団体、 函館市教育委員会コーディネーター(武部祐子 南本通小)

【方法】
基本的には毎月第三木曜日青年センターで行う。(但し事業内容により変更があります。)
★ ◇ネット情報◇ 各情報提供・情報交換、報告,連絡、協議事項等
★ ◇月 例 会◇ テーマの設定は自ら考えること。